事務所紹介

 なかむら公園前法律事務所は、所長青木仁子の
 「人を区別してはいけない。」
 「弱い立場の者にこそ弁護士が必要。」
 「依頼者の身になって考えるのが基本。」
 「筋を通して考えて、おかしいと思えばおかしい。」
 「ありのままのことをありのままに主張するのが当たり前。」
 「依頼者と信頼関係をきずくことができればトラブルの解決方法も分かる。」
 「弁護士が違法不当に手を染めるなど論外」
 など様々なモットーに、4人の弁護士が共鳴して集まった法律事務所です。


 当事務所の歴史は次のとおりです。
 昭和49年
   弁護士青木仁子が中村の大鳥居を望む豊国通に「青木仁子法律事務所」を開設
 平成12年 
   「青木仁子法律事務所」が、現在の場所に移転
 平成13年
   弁護士松本卓也が合流し、事務所名を「青木仁子・松本卓也合同法律事務所」と変更
 平成17年4月
   事務所名を「なかむら公園前法律事務所」に変更
 平成19年9月
   弁護士松澤良人が入所
 平成24年1月
   弁護士下野谷順子が入所
 平成25年1月
   弁護士伊藤麻衣子が入所



 平成29年4月26日 青木仁子永眠により、事務所は4人体制となりました。
 今後も、青木仁子から受け継いだ精神で、皆様のお役に立てる事務所を目指します。